空と君のあいだに


---------------------------------------------
君が涙のときには 僕はポプラの枝になる
孤独な人につけこむようなことは言えなくて
君を泣かせたあいつの正体を僕は知ってた
ひきとめた僕を君は振りはらった遠い夜

ここにいるよ 愛はまだ
ここにいるよ いつまでも

空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる
空と君とのあいだには今日も冷たい雨が降る
君が笑ってくれるなら僕は悪にでもなる
---------------------------------------------

ども、つきです。
信Onのモチベが急降下中です・・
まぁそれはそれとして、やっぱり中島みゆき。

冒頭の「空と君のあいだに」
言わずと知れた「家なき子」の主題歌ですね。
たしか、シングルが55万枚ぐらい売れて、みゆきの
CDのなかで、一番売れたCDだったと思います。
安達祐実の「同情するなら、金をくれ!」が
街中に氾濫していましたよね。

で、この歌は祐実ちゃんの飼い犬のリュウの視点の歌なんでが
サビの「僕は悪にでもなる」のところに強烈なインパクト
があって、頭の中でヘビーローテーションしてしまうことが
多い曲とも言えます。

前置きが長くなりましたが、今回この曲を選んだのは
「君が涙のときには 僕はポプラの枝になる」
この部分の解説がしたかったからです。

この曲は「雨」のイメージが強いので、最初に聴いたときは
「ポプラの枝になって、雨よけしてくれるのか・・」ぐらいに
漠然と思っていたのですが、実際にポプラの木を見て、
その考えは、完全に否定されました。

ポプラの木って、みなさん知ってますでしょうか?
北海道だと、けっこうメジャーな木で、
札幌には、観光名所として「ポプラ並木」が数箇所あるのですが、
枝も葉も真上にしか伸びてなくて、雨宿りするための木としては
まったく意味をなしません。

歌の中でも、雨が降ってるから、ポプラの枝になるんじゃなくて
君が泣いてる時だから、ポプラの枝になるんですよね。

泣いてるときに、真上に真っ直ぐ伸びるポプラの枝になる。
つまりは、坂本キューの「上を向いて歩こう」と同じで、
泣くときは、一緒に空を見上げよう、って歌っているのです。

え?
だから、なにって?
まぁ、そういうことです。おちもなにもありません。
[PR]
by yasatuki | 2011-06-01 01:53 | 雑談など
スペルボーン(Spellborn)