<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

う・・・、こまった、ネタがない。

ども、つきです。ネタがありません。
ネタの無いときは、中島みゆきにお願いするしかない!

っと、いうことで、
みゆきさんの「わかれうた」からw

---------------------------------------
途に倒れて だれかの名を
呼び続けたことが ありますか
人ごとに言うほど たそがれは
優しい人好しじゃありません

別れの気分に 味を占めて
あなたは 私の戸を叩いた
私は別れを 忘れたくて
あなたの眼を見ずに 戸を開けた

別れはいつもついて来る 幸せの後ろをついて来る
それが私のクセなのか いつも目覚めれば独り

http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=35658
---------------------------------------
この曲、よく、
「道路の真ん中で、泣きながら彼氏の名前を呼び続ける女」
のイメージで語られるけど、
「道」と「途」は似て異なるもので、
なにも、道路の真ん中の話をしてるんじゃなくて、
人生の途中の話をしてるんですよね。

単に、元カレとの腐れ縁の話なんですが、
歌の中の「私」は「あなた」に振られたことしか歌われてなくて
振られた理由もなにも、一切明らかにされていません。
「私」は「あなた」を恨んでさえいない(と、思われます)。
みゆきさんの凄いところは、淡々と事実を積上げていって
(かなり、強引な断定も少なくないですが・・)
視線が常にニュートラルで、最終判断を聞き手に委ねてるとこなんですよ。
みゆきさんは、自分の思いを表明することはめったにない。

歌を聴いた人が、自分のなかで、自分のストーリーに置き換えて
自分だけの共感を得る。
共感してるのは自分自身の思いに対してなんだけど、
それを、みゆきの思いに共感してると錯覚させることに長けていのが
中島みゆきというマジシャンなんです。
[PR]

ども、つきです。
GWのどさくさにまぎれて「やさ包隊」一門も、小田原開通しました。

人2ボスに、けっこう苦戦しましたが、棗さんの救援&プレッシャーのおかげで
3度目にやっと勝った感じでしたね。
棗さんが近くにいるだけで、壬生さんの集中力がものすごく上がっていたようです。
そのあとの、時のなんたらも、なんなく倒せましたし、やさ包もはっきりと
強くなってきてます。
時のなんたら、狸囃子とか狂赤付けとか、けっこうウザイ敵だと思うのですが
まったくあぶなげありませんでしたね。
いまのやさ包隊なら、フィールドボス(黄色)とか楽勝で勝てるような気がします。

さっそく小田原に遊びに行ったのですが、前田君は倒せたけど、
上ピーの、前の影なんたらに、がしがし術打たれて撃沈しました。
まぁ、そのうち上ピーぐらいなんとか倒してみたいですね。

鬼門2とか、松島1とか、一門クエの九州とか、陸海空とか、
一門として、やってないことが沢山ありますが、
そのうちポチポチ挑戦して行きましょうかね。
[PR]
スペルボーン(Spellborn)