<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

を書こうかなと思いましたが、違うなとw

鬼隊長、ちゅきさん、神威さん、左右衛門さん、大ちゃん、由比さん、その他大勢(北さん、君はここで落とすw)の隊員の皆様元気ですかー!

やさ包隊は本日も元気に活動しています。
筆頭の月さんが頑張っていますw

最近新規で3名の方が一門に加入して頂けました。本当にありがたいことです。何もないけど、ゆっくり、岡崎の銘菓「あわ雪」でも食べて虫歯になってって下さいw

もう10年近いですね。このゲームも…。凄い!って事で内容がないですけど、たまにはアップしなきゃなと!
  by壬生
[PR]

鳳凰で追加された家臣の話
城下町を作成すると、城下町にNPC「家臣目付け役」が配置され
家臣が登用できるようになります。
城下町の石高が上がると登用できる家臣人数が増えて
最大8人まで登用することができます。(当初はMax5人だった。)
登用できる職は8職すべてに拡張されています。
(これも当初は、侍、忍者、僧の3職限定だった)

登用した直後の家臣はLv10で、可愛いものですが、
城下町に作成された家臣訓練施設で訓練することによって
Lvアップしていきます。
Lv50になると、家臣用の特化クエが発生し、クリアすると
Lv60まで上げることができます。
訓練3回で1Lv上がるので、Lv50までに120回、
Lv50-Lv60で30回訓練できる計算です。
戦闘することによる成長はないので注意が必要ですね。
訓練には家臣団資金なるものが必要になります。

訓練施設には、生命用、気合用と能力用の3種類があり
能力用で9箇所(碗耐器知魅土水火風)と生命、気合の
全部で11箇所を訓練できます。それぞれに回数制限が
ついていて、Lv50までに50回まで、Lv50-60で20回まで
訓練可能となっています。

どこのステを何回訓練するか、人それぞれ好みの問題ですが、
うちの家臣のステを晒しておきますね。

・刀鍛冶
a0158620_0394291.jpg

生命はめいっぱい:50+20回
気合は5回ぐらいだったか・・
耐久と魅力をバランスで、こんな感じ。

・古神
a0158620_0405650.jpg

生命6000、気合4000、のこり魅力にしてみたらこんな感じ。

・武芸
a0158620_0434482.jpg

生命50回+10回、気合無視(0回)、腕力50回+20回、器用20回だったかな。
使ってみると、開幕の1撃にそこそこ使えるが、気合低すぎですぐガス欠になります。

そうそう、重要な事を書き忘れてる。
作った家臣
[PR]
by yasatuki | 2012-11-14 00:49

TD:トライアルダンジョン
飛龍で追加された仕組みで、町の入り口付近にいる「町方衆」に話して
控え室に飛んで登録することで、1人でもエントリー可能で、徒党員を
自動補充できて、1時間前後でクリアでき、気軽に遊ぶことが出来る
コンテンツとして導入されました。

当初は物珍しさもあって、そこそこ賑わっていましたが、問題も多く、
今では、完全に死にコンテンツとなっています。

当初の自動徒党編成条件は、Lv差10位内で、職6種以上の7人。
侍鍛僧薬神忍陰の7職で、6種以上だったため、最低、侍鍛のどちらか
僧薬のどちらかが必ず入るので、最低限の盾と回復が確保されていたの
ですが、特化の導入で、侍の武芸さんや鍛冶の鉄砲さんが、あからさまに
盾を放棄し始めて、さらにカブキの追加で、盾無し、回復無しの自動編成
が頻繁に起こるようになって、まともな狩りが出来ない場合が多くありま
した。
そうなると、ユーザーは外で募集をかけて、徒党を組んだ状態でエントリー
するようになって、TDのコンセプトである、気軽にエントリー&自動編成の
仕組みが意味の無いものになってしまいました。
光栄としても、なんとかTDに人を誘導しようとして、目録をTDドロップに
したり、自動編成の場合にかぎって便利アイテムを配ってみたり、
自動徒党編成条件を大幅に緩和したり(Lv差15、職縛りなし)
低Lvのキャラが極端に少なかったので、人数制限まで緩和したり、
いろいろ頑張ってるみたいですが、さほど効果はありません。

ダンジョンによって、敵の強さが極端に違っていて、
当然クリア条件の難易度もぜんぜん違うし、貰える銅銭の使い道が
家具か蔵拡張だけだったりして、いらない人にはまったくいらない物なんで
強いて行く必要もない場所になってます。
昔は、上級目録・五の取得方法が、TDの断片を5枚集めなきゃならな
かったので、いやいやTDに通った人もいます。
断片のドロップ率も悪く、7人での取り合いだったものだから、
90分頑張って、1枚も貰えないときもありました。
そういう仕様も、TD離れに拍車をかけましたね。
「もう、TDなんか絶対行かねぇ!」と豪語する人も多かった。

いまは瓦が導入されて、必要な目録は、九州目録であっても
藤岡君が少量の勲札で交換してくれるので、目録取得に関しては
ずいぶん緩和されてます。

独眼流のダンジョンである人取り橋とかが導入される前であれば
Lv40以上の敵が1体とか3体で、比較的多かったTDは、修得目的
でそこそこ利用されていましたが、今だともっと楽に修得できる
場所が沢山あるし、利用価値が見当たりません。
蔵拡張したい!という強い希望があったとしても、
100>300>800>1500>3000という、かなりしんどい交換枚数なので
たいてい、挫折しますw

まぁ、まだ行ったことが無いのであれば、一度外で徒党を組んで
遊びに行って見るのも良いかもしれません。

以上。
[PR]
by yasatuki | 2012-11-04 21:31
スペルボーン(Spellborn)