<   2014年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

STAT細胞の話が終焉をむかえつつあるが、
私的には、まだ小保方さんを信じて上げたい気がする。

大昔の話で、グリセリンの結晶化の話をご存知の方はおられるだろうか?
世界中の科学者が、何度やっても、誰も成功しなかったグリセリンの結晶化が
ある日を境に、次々に結晶化に成功するようになる話。

科学実験には、少なからず「コツ」という領域があって、頭の固い常識に囚われた科学者が何百人集まってもうまくいない実験を、一人の異端研究者が成功させてしまう。
コロンブスの卵じゃないけど、発想の転換というか、いわゆる「コツ」を発見することがあるんじゃないかと思ってる。

※グリセリンは、単純に冷やしただけじゃ結晶化せず、一度マイナス200度ぐらいまで冷やしてから、ゆっくり温度を上げて行くと結晶化するらしい。

がんばれ、小保方さんw
[PR]
スペルボーン(Spellborn)